カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

MSG (mono sodium glutamate)

先日友達の家へ遊びに行ってきました。
その帰り際に、なんでMSGってよくないんだろう??って話になりまして。
実際にアメリカでは結構MSGに敏感な方が多いような気がします。
専門学校に通っていた時も、MSGはは良くないと習いました。(学校では、化学調味料という言い方だったかな。)
でも、何が良くなくて、どういう症状が出るとかは詳しく教えてもらわなかった気が…。
それとも私が覚えてないだけ?!

グルタミンは脳の神経伝達物質に自然に存在します。そして神経機能や適切な量の調節を行います。
MSGの消費は脳の細胞やグルタミン受容体を刺激しすぎてしまうのです。
天然由来のグルタミンはたんぱく質と結合する為、消化を遅くさせ、
一方、MSGはたんぱく質と結合しない為、血糖値が急上昇する。
MSGは、天然由来のグルタミンに比べると、血流に8〜10倍の速さで入り込みます。

グルタミンの血中濃度が高いと、脳神経に刺激が行きすぎてやがて心理的、肉体的問題が起こります。
MSGに敏感な人はもしかすると反応がすぐに起こる事もあるかもしれません。
症状としては、脳梗塞や心臓発作によく似た症状だったり、心臓麻痺、偏頭痛、喘息発作、鼻づまり。

ほとんどの加工食品にはMSGが含まれています。
特にヘルシー低脂肪などの名で売っているもの。
しかし、それらの食品の中でMSGを特定するのは難しいのです。
なぜならば、製造業者はMSGに精通している人達(消費者)から逃れる為に、MSGに新たな名前をつけて販売しているから。
例として
"soy protein isolate" "sodium caseinate" "hydrolyzed vegetable protein"
"calcium caseinate" "textured protein" "yeast extract"


加工食品じゃなきゃ大丈夫?なんて思ったりもしますが、またそれがそうでもないみたいです。
というのも、生果物や生野菜などは防腐の為にワックスが塗られていたりしますよね?
そのワックスにも防腐剤としてMSGが含まれているのです。
その他にも、乳幼児用のミルクや離乳食、予防接種に使用するワクチンや医薬品、年配の方対象とした液体のサプリメント。

MSGの消費は多くの健康状態と連鎖しています。
例えば、ホルモンの変化、記憶の喪失、肥満、発育不全、気分の変動、生殖不能、喘息の発作
うつ、パーキンソン病、ゲーリック病、アルツハイマー。
当然ながらMSGに冒されやすいのは、老人や子供、乳幼児や胎児です。
妊婦の方は、MSGは母体を介して胎児に達するといいます。

やはり回避する方法は、生の物を積極的に取る事や、缶や袋に書いてある表示をよく確認する、
それでも回避するのは難しいのかなと思います。アメリカには結構な数のオーガニックストアーがあるのでそういった所での購入も良いかと思います。

参考までに、 ※100g中
パルメザンチーズ 1200mg 小さじ1杯 3g
魚        140mg
マッシュルーム  140mg 1こ 12g
コーン      130mg 1本分 175g
トマト      140mg 1個 150g
[PR]
by coconatsu9 | 2010-07-20 16:39